注文住宅を検討されている方必見!間取り・相場価格・住宅メーカーの選び方など注文住宅を買う際に役立つ豆知識をご紹介

これから注文住宅でマイホームを購入しようとしている方々へのヒントになるように、具体的にどのような所に費用を当て、どんなふうに話を進めていくか、経験から家を建てる始めようとしてから入居までの流れを、簡単な時系列と共にご説明、ご紹介していきたいと思います。
漠然と考えていたところから、物凄く細かいところまで決めていかなくてはならない家造り。
簡単なことではありませんが、完成したときはこれ感動です。
頑張りましょう。

注文住宅を検討されている方必見!間取り・相場価格・住宅メーカーの選び方など注文住宅を買う際に役立つ豆知識をご紹介

賃貸マンションに住んでいたマイホームを購入しようと考えたのが今から7年前。
長男も成長し、それまでの住まいがやや手狭になってきたのがきっかけです。
元々は妻が「一軒家を買うなら注文住宅」と決めていたので、まずは住宅展示場へ。
基本、注文住宅が基本のハウスメーカーばかりでしたので、こちらの希望である「アフターケアの少ない家」「収納の多い家」を伝え、一つのメーカーに巡り合えました。
これからどんな家に住みたいか、具体的なポイントを押さえておくのがミソだと思います。
そこからとんとん拍子に話が進み、時には悩む箇所(キッチンなど)もありましたが、契約書を交わしてから1年2か月後に入居することができました。

注文住宅を買う前にスケジュールを組んでおこう

これから注文住宅を買おうと考えている人は、計画的に行わなければいけません。
注文住宅自体は、かなりお金がかかるだけでなく、当然時間もかかります。
一般的な話をすれば、設計から住宅の建築が完了するまで半年から1年位かかるのが基本です。
建築し始めてからは2ヶ月位で完成することが多いですが、やはりその前の設計の段階や打ち合わせの段階に時間をかけるでしょう。
逆にこの部分に十分な時間をかけずに注文住宅を建築しても、良い結果が出ない可能性も高いです。
このように考えていけば、少なくとも住宅建築においてはよく計画を立てて行うことが必要になるでしょう。
スケジュールは、引っ越しなどを考えると少し余裕を持っておいた方が良いかもしれません。
引っ越しをする場合、直前になり完成が遅れるなどと言われると困りますので、可能な限り1週間から2週間ぐらいは余裕を持って引っ越し先を選んでおきましょう。
すぐに引っ越しをすることができなくても、問題ないようにしておく必要があります。
細かい調整が出来るように、ウィークリーマンションなどに住むのが良いかもしれません。

注文住宅を購入する際の大まかな流れ

注文住宅を購入することを決意したら、まずは購入までの大まかな流れを理解しましょう。
購入の手順は、注文住宅のイメージづくりと予算の検討をすることからはじまります。
予算を決めるときには、そのお金の確保の仕方も決めておきます。
検討によっておおむねイメージや資金調達方法がかたまったら、土地や建物の設計を依頼する業者、建築工事を依頼する業者などを選ぶ作業にとりかかります。
住宅ローンで資金を賄う場合は、土地探しと並行して金融機関を探し、決めたら申し込んで審査を受けます。
土地の売買契約を結び、注文住宅の設計が完了し、施工業者からの見積もり提示に納得できたら工事請負契約を結び、詳細な打ち合わせを行って工事をしてもらいます。
工事がはじまると、購入者はほぼ竣工を待つだけとなりますが、ときどき現場へ行って進捗を確かめることが重要です。
建物完成後、内覧会を経て引き渡しとなり、正式に住宅は購入者のものとなります。
住宅ローンの融資は、引き渡しの際に実行されます。

注文住宅を建てる際にはアフターサービスがあるメーカーや工務店を選んでおくと安心

注文住宅を建てる場合にはアフターサービスが充実しているハウスメーカーや工務店を選ぶことが大切です。
全国規模で展開している大手のハウスメーカーでは、10年目まで定期的な無料点検を行っているケースが多く見られます。
保証期間を30年から60年まで延長できる場合もあります。
長期間にわたり無料点検を行ってもらいたい場合や構造躯体、防水部分の不具合による修理費用を保証してもらいたい場合など大手ハウスメーカーを選ぶとよいでしょう。
ただし保証期間延長の条件として定期的な点検や防蟻処理、外壁・屋根のメンテナンスなどが有償で行われることもあるので注意が必要です。
地域に密着した工務店では自社で注文住宅の建築とメンテナンスを行っています。
建てたときの詳細な情報が分かるので、何らかの不具合がある場合でも素早く適切に対処してもらえます。
工務店は地域の気候や風土、様々な事情などを熟知しており適切な時期に点検などを行ってくれます。

注文住宅ならではのメリットや魅力とは?

注文住宅は土地を購入、または所有している土地に自由に設計して建築する住宅のことです。
すでに規格が決まっている状態で売られている分譲住宅とは違い、間取りや内装を好みで決めることができるので思い描いていた家を現実にすることができます。
注文住宅で家を建てるメリットはいくつかありますが、ひとつは間取りはもちろん設備や内装など、目に見えない部分までもこだわって決めることができる点です。
そのためには建築会社と密にコミュニケーションをとることが大切で、自分の持っているイメージをできるだけ正確に伝えることで理想を形にします。
家を建てるプロセスを逐一確認できることも注文住宅のメリットです。
完成物件を引き渡す建売住宅では実際のところ、欠陥が隠れていても分からないですが、そういった不安を軽減することができます。
例えば整理整頓がきちんとできている、近隣への気配りができているということであれば施工に気配りができると考えることができます。
また建築現場で疑問に思ったことがあれば担当者に確認できるのも注文住宅ならではです。